大阪市では4/1から成人男性を対象に風しんワクチンの定期化が始まります。

現在、風しんに罹患するするのは、風疹ワクチンの接種義務がなかった30-50代男性が中心です。妊婦さんが風しんに罹ると先天性風しん症候群のお子さんが生まれる可能性があります。今年は5年ぶりに先天性風疹症候群の報告がありました。風しんは予防接種で予防できる病気です。お仕事で忙しいかもしれませんが、妊婦さんやこれから生まれてくる子ども達のために、ワクチン接種にご協力ください。

【対象者】  ①大阪市民(住民登録のある方)  ②昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

ただし、1)風しんの既往がない 2)風しんワクチンの接種がない方

③平成26年以降に受けた風しん抗体検査で抗体価が低い方

【接種期間】 2019年4月1日~2022年3月31日まで

【接種対象ワクチン】 麻しん風しん混合(MR)ワクチン

【接種回数】 1回

【費用】   無料(大阪市からクーポン券が発送されます)

【申し込み方法】 大阪市の委託医療機関に直接申し込み当院ではワクチンの接種が可能です。

【検査当日の持ち物】  ①生年月日や大阪市民であることが確認できるもの (健康保険証や免許書など)

②平成26年4月以降に実施した風しん抗体検査結果で抗体価が確認できるもの

【問い合わせ先】 大阪市保健所 感染症対策課 06-6647-0656